前へ
次へ

離婚裁判での決着がベター

人間関係は中々割り切れるものではなく、特に夫婦間の問題は気持ちの問題以外にも様々な問題があり、より割り切れないと言う実情があります。
夫婦関係が事実上破綻したとなった場合には離婚と言う選択を検討する事となりますが、離婚後の生活や子どもの有無、再婚など様々な事を見越し離婚裁判によって法的に決着をつけると言う方法が、ベストな選択と言って良いでしょう。
離婚裁判で、夫婦間お互いの言い分や要望を、弁護士を介して客観的に擦り合わせ落とし所を決める事が、水掛け論になる事を防ぐ事にもなり建設的だと言えるからです。
しかし離婚裁判で様々な決め事をしても、実際にはその通りには履行されず、なあなあになってしまうケースは少なくはなく、特に養育費問題などは泣き寝入りとなる割合が、圧倒的に高いのが実情です。
しかし養育費問題に関しては、履行されない場合法的に処罰の対象となるようになりますので、一歩前進と言って良いでしょう。

Page Top