前へ
次へ

離婚裁判の基礎的な情報とは

離婚裁判を開始する前に夫婦が知っておいた方がいいのが、裁判に到達する前に解決する事ができないのかを考える大切さです。
離婚をしたくても、いきなり裁判に突入する事はなく、夫婦で協議を行ってから話し合いが上手くいかないケースの場合に調停離婚に到達する事になります。
協議離婚は夫婦や家族で話し合いをして、離婚をする事ができるので、費用の負担も凄く少なくできます。
調停離婚は離婚裁判に突入する前に行われる調停で離婚をしたケースが該当しますが、調停でも離婚できなければ、最終的に裁判で決着しなければいけません。
裁判では慰謝料の請求や財産分与について争われるケースが多いですが、未成年者の子供が存在する場合は親権者の決定等も話し合う必要があります。
協議離婚や調停離婚は離婚理由が問われる事は無いのですが、離婚裁判の場合は法定離婚原因が必要になるので、法定離婚原因に該当しない理由しか無い場合は、離婚する事はできないので、注意が必要です。

Page Top