前へ
次へ

離婚裁判をするときいつまでに弁護士を決めるか

婚姻関係が破綻して修復が難しいときは離婚を考えないといけません。
すでに相手と話し合いをしているときもあれば、互いに何となくわかっていながら具体的な話にまで至っていないときもあるでしょう。
離婚をするまでは夫婦なのでそれなりに協力が必要ですが、いざ離婚をするとなったら夫婦間でも一定の争いをしなければいけません。
離婚裁判で決着をつけようとすると法律の知識が必要になるため、弁護士に依頼しないといけないでしょう。
離婚裁判を行うとしたらいつまでに弁護士を決めないといけないかですが、あまり早すぎると無駄に弁護士費用が必要になるかもしれません。
一方裁判前の調停をする直前となると弁護士との話し合いの時間が少なく、準備ができないまま調停、裁判をすることになります。
結構いつまでに決めていつ依頼するかは大事になりそうです。
すでに協議段階に入っているなら早めに決めて調停の日程を決めると良いでしょう。
協議をしていないならもうしばらく待ってもよいでしょう。

Page Top